Vba if 複数 条件。 【VBAマクロ】if文で複数条件・andを2つ以上(3つ)使う書き方(アンド)

VBAのIf文で文字列を含むという条件を指定する-Like演算子・InStr関数:エクセルマクロ・Excel VBAの使い方/条件分岐

そうなればVBAの開発が楽しくなってくると思います。 二つの条件をIfの後に並べてAndでつなぎます。 IF 条件式1 Then 処理1 ElseIf 条件式2 Then 処理2 ElseIf 条件式3 Then 処理3 (・・・以降、処理nまで続く) EndIf ElseIfの処理の流れとしては、コードを上から順に条件式を比較していき、満たされた条件式に記述されている処理を実行し、If文を終了します。 (下記参照) 下図の「結果」は本記事中の「処理」と同義です。

もっと

VBA 複数の条件分岐で処理を実行させる(ElseIf)

しかし、最近では社内書式をスプレッドシートで管理している企業も増えており、今後エクセル自体の需要が少なくなってしまう可能性も考えられます。 xlsm なら最終行が1048576行なので、1048576にするようにしています。

もっと

エクセルマクロVBAのIF文を20事例で解説|複数条件(and or)からelse not elseif likeの使い方まで

3行目:B2セルが70点以上の場合、C2セルに「合格」を入力します。 ベン図だとかなり理解しやすいですよ!. 実行結果 上記のようになり、 3行目の空欄の行が削除されず残ってしまう。 その場合、End Ifステートメント以降からジャンプ先のラベル名との間に記述された処理は実行されませんので注意しましょう。

もっと

VBA 複数の条件分岐で処理を実行させる(ElseIf)

value , "区" は 2 というふうに、検索対象に含まれている数を示します。

もっと

VBAのIf文を使いこなそう! 条件分岐の基本をスッキリ解説

IF 条件式1 Then 処理1 ElseIf 条件式2 Then 処理2 ・・・ ElseIfステートメントを使った記述方法は次のようになります。 そんな場合はこの記事を何度も参考にして下さいね!. それを例として、みていきます。 気持ちとしてはよくわかります。 複数条件 かつ、または を作りたい 3つ以上の例も |and or 70点以上かつ80点未満ならば評価Bというように 複数条件で、ifを使いときがあります。 では、事例を見ていきます。

もっと

VBAのIf文を使いこなそう! 条件分岐の基本をスッキリ解説

下記の例は同じ処理をIf文とSelect Case文で書いた例です。 End If もちろん「ElseIf」などでさらに条件分岐を設定することも可能です。 Likeを使ったワイルドカード? 比較とは、どちらの値が大きいか小さいか、等しいか等しくないか、など二者を比べることです。 ワークシート関数SUMIFを利用した例です。

もっと

【Excel VBA】If文での条件分岐

構文は下記の通りです。 OR演算子はどれか一つの条件に合致すればよい AND演算子は全ての条件がTrueである必要がありますが、OR演算子は複数の条件のどれか一つがTrueだとIf文内の処理を実行します。 Whileの代わりにUntilも同様に使えます。 事例20 if else と for next |最終行を取得して処理する 処理したいデータによっては、データ数が固定されておらず、変動するときってありますよね? この事例では、最終行を読み取って、データ数が変動する場合に対応する方法を紹介します。 所属している部署が第1営業部あるいは第2営業部のいずれかを満たすと考えると下記のように書けます。 業務効率化のスキルは需要が高そうだから などが上げられます。 このように汎用性があるのが、この書き方の良いところになります。

もっと

ExcelのVBA(マクロ)でIf~Then~Elseを使って条件分岐する方法|Office Hack

このサンプルコードでは、4年に一度の「うるう年」かどうかの判定をしています。 下記の例ではカウント数が3のときに処理を飛ばしています。 ただ複雑になればなるほどバグの原因となるので、一つの条件式にたくさんの論理演算子を並べることは避けましょう。 interior. 見つからなかったときに「0」を返すという特長を利用した方法です。 Whileでは「 セルの値が空でない」が条件でしたが、Untilでは「 セルの値が空である」を条件にすると同じ意味合いになります。 条件付き書式 なお、関連記事は下記をご参照ください。

もっと