球磨 川。 清流球磨川・川辺川を未来に手渡す流域群市民の会

球磨川漁業協同組合 オフィシャルサイト

(平成23年)6月 - 豪雨により8戸が浸水。 川辺川ダム問題は新しい段階に入ったのでした。

もっと

球磨川水系のヤマメ(マダラ)と支流概略絵図

中流部・上流部において堤防の嵩上げを行う。 建設省河川局監修『多目的ダム全集』(国土開発調査会、)• ただし、五木村は仮に川辺川ダムの事業が中止になったとしても、五木ダムだけは必ず建設して欲しいと要望している。 なお、河川整備計画が策定されない中でも、国及び県は球磨川・川辺川で河道掘削・護岸補強など局所的な防災対策を継続して実施していた。 また逆調整池ダムは建設計画自体が立ち消えとなっている。 川辺川ダム以外は何れも既に完成(大滝ダムは一部運用)している。 建設の遅れと反対運動 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。

もっと

球磨川漁業協同組合 オフィシャルサイト

流域の自治体 [ ] 熊本県 、、、、、、、、• 中でも「球磨川の尺鮎」といえば九州全域そして全国から鮎釣り師が集まる程の人気を誇り、例年8月の最終日曜日には「日本一の大鮎釣り選手権大会」が開催されている。 (昭和41年) - 球磨川水系ので、がとしての計画を発表。 矢上の辞職に伴う相良村長選挙ではダム事業に「保留」の立場を示す徳田正臣前町議が「ダム反対」「ダム推進」の2候補を破って当選している• 流れが狭まる球磨村から下流域には、球磨川の五大瀬として知られる「二俣の瀬」、「修理の瀬」、「網場(あば)の瀬」、「熊太郎の瀬」、「高曽(たかそ)の瀬」などがある。 建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編『日本の多目的ダム 直轄編』1980年版(山海堂、)• は「賛成」から「中立」へと態度を変え、やは「人吉・相良の考えを尊重する」として同調する姿勢を見せた。 中流部(八代市、芦北町、球磨村)・上流部(相良村、錦町、あさぎり町、多良木町、湯前町、水上村)において大規模な引堤(堤防をし河川そのものを拡幅する)を実施する。 建設省はこの計画に沿った代替地整備を進めた。 本会は会計事務所を、人吉市瓦屋町1655-3 川邊敬子宅内に置く。

もっと

球磨川水系のヤマメ(マダラ)と支流概略絵図

家は1Fが完全に浸かりました。 こうした地形は例えば流域のなど全国に多く、洪水常襲地帯となっており、人吉盆地も度々浸水被害を受けてきた。

もっと

球磨川

0メートルのであるが、洪水調節のみを目的とする治水ダムであり、かつ平常時には貯水を行わない である。 避難判断水位とは、住民の皆さんが避難を開始すべき水位ですので、自治体から避難勧告が出されている場合には従ってください。

もっと

清流球磨川・川辺川を未来に手渡す流域群市民の会

しかしこのかんがい目的が、川辺川ダムの必要性を問う最大の原因になった。 翌(平成5年)には「清流球磨川・川辺川を未来に手渡す流域郡市民の会」として改組し、今日に至っている。 釣行の参考になれば幸いです。 球磨川が氾濫による被害の状況は 現時点では避難が最優先に行われており、まだ住民の安全確保ができていない状況。 12月には村で行われたダム反対集会に後援するなど「反ダム」を明確にし、2008年3月には村長を辞職して熊本県知事選挙に無所属で立候補 、ダム反対を訴えた。

もっと

球磨川

結果として賛成・反対双方の意見を取りまとめたものの、委員会として賛否を明確にしないものであった。 こうした経緯から(平成6年)に対象農家の一部は川辺川ダムを水源に求めるという事業変更を取り消すようにに異議を申し立てたが却下されたため、(平成8年)に農家は熊本地裁に無効申し立てを行う訴訟を起こした。 不特定利水については川辺川がアユの豊富な漁場であること、また球磨川が人吉の観光の目玉でもあるを行うことから下流の相良村柳瀬地点においてアユ漁が盛んになる毎年7月から10月までの間毎秒7トン、それ以外の期間は毎秒4トンのを行い渇水によるアユ生育阻害を防ぐと共に、人吉市において球磨川下りのシーズンである毎年4月からに掛けては毎秒22トン、それ以外の期間は毎秒18トンを放流して球磨川下りの運行を補助し、かつ球磨川の河川環境を一定に保つ。 この時期のであったが(平成22年)にが失効する荒瀬ダムを、失効後撤去すると発表した ことから反対派はさらに勢いづき、次は瀬戸石ダムを撤去して最終的に球磨川からダムをなくすべきと現在でも主張している。

もっと