旗本 退屈 男。 旗本退屈男の歴代主演俳優一覧 テレビ時代劇で早乙女主水之介を演じた時代劇スターは?

ご存知!旗本退屈男(1)

「ほほう、若者までが消え失せるとは少し奇態じゃな」 いぶかしそうに首をかしげていましたが、やがて静かにまた頭巾をすると、両手を懐中に素足の雪駄を音もなく運ばせて、群衆達の感嘆しながらどよめき合っている中を、悠然として江戸町の方へ曲って行きました。 「お上屋敷へ急に御用が出来ましたゆえ、御愛妾のお杉の方様が今しがた御召しに成られての帰りでござります」 「なに? では、当下屋敷には御愛妾がいられたと申すか」 「はっ、少しく御所労の気味でござりましたゆえ、もう久しゅう前から御滞在でござります」 「ほほうのう、お大名というものは、なかなか意気なお妾をお飼いおきなさるものじゃな」 皮肉交りに呟いていましたが、御愛妾が病気保養に長い事滞在していて、同じ屋敷に名前を聞いただけでも優男らしい霧島京弥というような若者が勤番していて、その上、御愛妾は上屋敷へ行ったと言うにも拘らず、駕籠のもってかえった提灯の紋様は曲輪仕立ての意気形でしたから、早くも何事か見透しがついたもののごとく、退屈男のずばりと言う声がありました。

もっと

図書カード:旗本退屈男

いや、ついその、よそごとを考えていたのでな、肝腎なところをきき洩らしたのじゃ。 柴原久馬:• 「ま! お可哀いそうに。 伊達一族の伊達兵庫と重役原口刑部がお家乗っとりを企て、幕府の国目付役榊原監物と伊達忠宗に仕える奥山が加わっての伊達藩一大事です。

もっと

図書カード:旗本退屈男

浪乃:• 黙ってすうと這入って来ると、短檠(たんけい)の灯影(ほかげ)をさけるようにして、その美しい面を横にそむけながら、大の字となっている兄のうしろに黙々と寝間着を介添えました。 やがて、難を避けていた綱吉のもとに、退屈男は邦宗が急病で他界した旨を報告するのであった。

もっと

旗本退屈男

江戸城中将軍寝所の床下に呪いの人形をもち込んだ黒装束の男を、退屈男早乙女主水之介が取りおさえた。 偉いぞ! 偉いぞ! まだほんの小娘じゃろうと存じていたが、いつのまにか偉う出世を致したな。 主水之助は左近将監の命を受けてその身辺を洗うことになり、小姓京彌(宮城千賀子)を女装させて浄海坊の鉄砲州御殿に潜入させた。 事の急を知った彼らは、三郎兵衛らに鶴千代を襲わせたが、無邪気な鶴千代に三郎兵衛は殺すことが出来なかった。

もっと

旗本退屈男|MOVIE WALKER PRESS

宗田甚左衛門:(第1~3・8~9話)• --主水之介は妹菊路・出入りの町人揚羽の蝶次・横這いの円太・のっそりの弥八・一念堂一徹を連れて何故か奥州への旅をしていたのだ。 火曜20時枠 前番組 番組名 次番組. 聞けば近頃河原者が、面の優しいを売り物にして御大家へ出入りいたし、侍風を吹かしているとか聞いているが、うぬも大方その螢侍(ほたるざむらい)じゃろう。 主水之介は伊達藩の内情をどのようにしていくのでしょう。 なれども、いかに仰せられましょうと、君侯(との)のお目をかすめ奉って、左様な道ならぬ不義は霧島京弥、命にかけても相成りませぬ。 喜内:(第3話、第5話、第9話~第11話、第16話、第18話、第22話、第23話を除く)• それも通いつめた女でもあるのなら格別なこと、どこにそれと思われる対手もないのに、唯そうやって一廻りするだけなのですから、まことに変り者です。 舎殿完成と同時に普譜奉行大橋妥女が何者かに殺された。 以後33年にわたって演じ続け、これは日本映画で同一俳優が同一人物を主人公として演じた最長記録である。

もっと

旗本退屈男・江戸城罷り通る

さ、抜けッ、抜かぬかッ」 可哀そうに若衆は、垣間(かいま)見ただけでも身の内が、ぼッと熱くなる程な容色を持っているというのに、こういう野暮天な人斬り亡者共にかかっては、折角稀れな美貌も一向役に立たぬとみえて、口汚なく罵しられるのをじっと忍びながら、ひたすらに詫びる[#「詫びる」は底本では「詑びる」と誤植]のでした。 入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。 (1990年10月6日) 出演:、、、、、、、、早川純一、、桂歌丸、林家木久蔵、ほか• 1930年の第1作『旗本退屈男』から(昭和38年)の『謎の竜神岬』まで計30本が製作され、早乙女主水之介は一貫してが演じ、彼の代表作となった。

もっと

ご存知!旗本退屈男(1)

周助が公金横領の罪で捕えられているらしいとの情報を得た主水之介は奉行所へ乗り込もうとするが、江戸から来た勘定奉行・荻原重泰(亀石征一郎)が主水之介の行動を阻もうとする。 決め台詞は「退屈じゃ退屈じゃと、退屈まぎれに罷り越せばこの始末」、「ええい、この眉間の傷が目に入らぬか」などである。 勿論正々堂々と押し入ったにしても、主水之介とて無役ながらも天下御直参のいち人とすれば、榊原十二万石ぐらい何のその恐るるところではなかったが、紊(みだ)りに事を荒立てて、正面切って押し入ったのでは、事件を隠蔽される懸念がありましたので、先ず事実の端緒(たんちょ)をつかむ迄はと、退屈男は影のように近よりながら、邸内の様子を窺いました。 不気味そうに帰っていったのを見すますと、追いかけながらまた退屈男の言う声が聞えました。 ひとりの裲襠(うちかけ)姿であるのを見ると無論の事に、それが丁字太夫であるに相違なく、他のお部屋姿であるのを見ると、これまたお杉の方である事は言う迄もなく、よりもっと驚いた事は、何たる奇遇と言うべきか、その美々しい若者こそは、先刻宵の仲之町で赤谷伝九郎達から救い出してやったに拘らず、不審にも煙のごとく消え去ったあの若衆髷でしたから、さすがの退屈男も聊(いささ)か意外に思って、見るや同時に先ず呼びかけました。

もっと