岩手 軽便 鉄道。 東北旅ガイド《廃線紀行・岩手軽便鉄道》

小形鉄道車両の絵 その1

賢治は稚泊(ちはく)航路が開業してわずか二ケ月後、夏休みに入ってすぐに樺太に向っているのである。 大正から昭和にかけて投入された木造 デハ4・5 デハ4は、デハ5は(竣工図上は1927年)いずれも製。 (大正2年)• 駅数:22駅(全通時)、24駅(国有化直前、貨物駅、臨時停留場を含む)• しかしこれに呼応して民間で岩手軽便鉄道の構想が動き出すことになった。 開業時には電気工事と電車の竣工が遅れ、1925年8月からC型2両、客車3両、荷物車1両、貨車4両を借用して営業し、電車の使用開始は10月であった。 また仙人峠駅から直線距離で4kmほどのところにある大橋までは釜石から既に1911年(明治44年)11月3日にが開通していた。 大正から昭和初年にかけて、鉄道は実用を越えて、それ自体が目的として、趣味として認識され始めたようである。 キハ801 1964年に廃線となったのキハ1804をに購入したもので、変電所の負荷を低減する目的で投入された車両だが、あまり(ほとんど)使用されなかったという(にも関わらず、車体外部側面にはの広告看板が取り付けられていた)。

もっと

和賀軽便軌道

その鉄道も1944年廃線となるが、当時私は中一だったことになる。 1925年(大正14年)に岩手軽便鉄道の取締役であったが議員に選ばれ、仙人峠の連絡鉄道の国鉄による建設を請願するだけではなく、岩手軽便鉄道全体の国有化の運動も始められた。 伊香保軌道線廃止後は3両が草軽電気鉄道に渡り、台車を履き替えてホハ10~12として活躍しております。 鉄塔跡に立っている石碑。 日車の単端 「単端」とは、車体の片端にエンジン・運転台を置いた気動車を言います。

もっと

「岩手軽便鉄道の一月」の舞台

岩手軽便鉄道花巻駅跡は、花巻駅を出て右手、この広小路になっているような場所にあったそうです。 またこれと平行して仙人峠を越える鉄道の建設が始められた。 DD107、DD108は昭和35年(1960年)に三菱で製造され、木材輸送や、観光客輸送の長大列車の牽引に当たり、昭和61年(1986年)まで活躍しました。

もっと

花巻電鉄

2月10日 上郷を岩手上郷へ改称• (国立国会図書館デジタルコレクション)• 十一月二三日というのは、東横黒線の大荒沢~陸中川尻までが十一月十五日に開業したすぐ後の日曜日である。 軌道線が狭い街道を走ることから車両限界が制約されていたことによるものであるが、戦後に軌道線区間の車両限界が拡大されて鉄道線車両や広幅の新造車が入線可能となったため、主力車両の地位から退いている。 6月13日 免許申請• 運行形態 [ ] 各駅に停車する普通列車は、基本的に花巻駅 - 釜石駅間の運行であり、2時間に1本程度の運行であるが、朝と夜には遠野駅 - 釜石駅間の区間列車がある。 これは国鉄史上唯一の索道線である。 井川線の車両は 過去には方向転換する事もあったようですが、これで今は向きが固定されました。 今尾恵介(監修)『 - 全線・全駅・全廃線』2 東北、、2008年。 私が各地へ撮影旅行に出掛け始めるよりも前の時代で、残念ながら現役時代を見ることはできませんでしたが、鉄道雑誌などで見た、その独特の細長い文字通りの馬面電車は、今も脳裏に焼き付いています。

もっと

小形鉄道車両の絵 その1

1916年に鶯沢鉱山を取得した小田良治は、1918年はじめころに西鉛 - 志戸平間に専用馬車軌道を完成した。 下段が国有化後 晩年のケ231形ケ231~236号機の姿。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 低床化したものの裾すぼまりの車体なので、ドアに連動したステップを備えています。 - 鳥谷ヶ崎駅 - - - (1915年までは幸田駅) - - - (淵ノ欠駅、1924年休止、1925年廃止) - - - - (1924年までは宇洞駅) - (貨)中鱒沢駅 - - - - - - 関口駅 - (赤川駅、1927年廃止) - - - - (日ノ出駅、1916年廃止) - 淵ノ欠、日ノ出は臨時停留場。 (昭和25年)には遠野 - 足ケ瀬間の改軌が完成し 、足ケ瀬 - 陸中大橋間が新線で連絡して 釜石線が全通した。 2002年11月30日までは、急行「陸中」として運転されていた列車で、を装備した専用の気動車が使用されている。

もっと