Sdgs 誰 一人 取り残さ ない。 江東区立八名川小学校:文部科学省

SDGs!「誰一人取り残さない」を2030年までに叶える。

私たちは点数で評価されたり、正解を求められたりすることに慣れていますよね。 「なるほどSDGs」でSDGsを身近に! SDGsは国レベルだけでなく、現在は企業や個人でも取り組みが進むほど、当たり前になりつつあります。 そんな人を増やすために、井澤さんは今、ワークショップを組み立てて実践できるファシリテーター(進行役)の養成にも力を入れていると言います。 国連に加盟する国々が目標達成に向けて取り組んでいる。

もっと

「ユニバーサルデザイン」と【SDGs】に共通する考え方が、世界から不平等をなくすことに役立つ!

そのひとつが連帯だ。 少子高齢化が進む日本でも、小さい子どもから高齢者まで、さらには子育て世代、障害のある人、日本語がわからない人まで、みんなが住みやすい街を目指して、ユニバーサルデザインを取り入れて街づくりを進める自治体が多くあります。 このように、ほかの問題と関連付けながら、今後もSDGsの達成を考えていきたいと思う」と感想を述べました。 こうした苦労は、これからは高齢化が進めば、他人事ではなくなります。 ユニバーサルフードと認定されたレトルト食品などに、このマークがついています。 と比較すると、この日は、SDGsに興味・関心の高い人たちが集まったようです。

もっと

誰一人取り残さない? デジタル化の「置いてきぼり」に不安抱える高齢者

SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。 自身も体に障害があり、建築家でもあったメイス氏は、障害者だからと言って特別扱いされることなく、あらゆる人が使いやすいデザインをするという視点を持ってほしいと、ユニバーサルデザインを提唱したと言われています。 なるほど!ターゲットは、ゴールごとの達成指標を具体的に示したものなんだね。 たとえば日本では、市役所や美術館などの公共施設に、スロープやエレベーターといったユニバーサルデザインが広く使われています。 先のHLPFで日本が世界に向けて発表したことは? 福留さん: 「SDGsを『地方を含め日本を元気にし、世界を元気にする取り組み』として、国内実施と国際協力の両面で、あらゆる人たちが活躍できる多様性と包摂性のある社会の実現を目指していくということです。 すべての人が安心して暮らすことができる社会を実現するためには、障害の有無や、年齢、性別、国籍といったお互いの違いを受け入れて尊重し合い、思いやりを持って支え合う「心のユニバーサルデザイン」が欠かせません。 また、同様な視点から中学校や高等学校、あるいは大学等の教育におけるカリキュラム・マネジメントをも進めることができるものと考えられる。

もっと

地球上の「誰一人取り残さない」ために取り組む、世界の目標「SDGs」って?【高校生なう】|【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信

チームを超えて協力してもいいし、競争してもかまいません。

もっと