第 11 回 特別 弔慰 金。 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第11回特別弔慰金)について

第十一回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金について

戦没者等の遺族の現況等についての申立書• 令和2年4月1日までに援護法による弔慰金受給件を取得した方• お問い合わせ <外部リンク>又は 県地域福祉課管理援護係 058-272-1111内線2603又は2609 関連リンク <外部リンク>. 次の2ヶ所で請求受付を行います。

もっと

戦傷病者及び戦没者遺族への援護|厚生労働省

遺言書、遺産分割協議書等、他の相続人との間で合意が得られていることを確認できるもの• 支給対象者は、基準日において、戦没者のご遺族の中に恩給法に規定する公務扶助料、戦傷病者戦没者遺族等援護法に規定する遺族年金等の年金給付を受ける権利を有するご遺族(配偶者、父母等)がいない場合で、戦没者の遺族に対する特別弔慰金支給法上の「戦没者等の遺族」のうち先順位1名の方です。 戦没者等の妻に対する特別給付金 一心同体ともいうべき夫を失ったことによる精神的痛苦を慰藉するため支給されています。 以上の特別給付金については、法律施行の日から3年間請求しない場合、時効によって受給権が消滅しますので、ご注意下さい。 ご遺族間の調整は、記名国債を受け取った方が責任を持って行うことになります。 弔慰金の受給権取得後、遺族以外の者と氏を改める婚姻又は遺族以外の者と事実上の婚姻をしていないこと 2 子 戦没者等の死亡当時の胎児を含む 3 父母 次の要件をすべて満たす必要があります。 文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。

もっと

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

戦没者等の死亡当時のご遺族で令和2年4月1日において公務扶助料、遺族年金等を受ける方がいない場合に、ご遺族を代表して一人の方に支給されます。 認印で結構です。 郵送でのお手続きを希望される方には、請求書など必要な書類を送付しますので市民生活課(089-948-6814)までご連絡ください。

もっと

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第11回特別弔慰金)

スタンプ、ゴム製等は不可 また、印鑑証明は不要です。 必要書類等のご案内をいたします。 前回(第十回)特別弔慰金を受給されていた方も改めて請求手続きが必要です。 平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方• 支給対象者は、上記1.と同様に基準日において遺族年金等を受ける資格を有する父母や祖父母で、戦没者が死亡した当時、戦没者以外に氏を同じくする子や孫もなく、その後支給日までの間に氏を同じくする実の子や孫を有するに至らなかった者です。 Q1 請求書提出から国債が届くまでどのくらいかかるの? A1 市に提出していただいてから、1年~1年半程度です。 請求書等の事前送付をご希望の方は、市民生活課総務・援護係にご連絡ください。

もっと

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

援護審査会は、厚生労働省組織令(平成12年6月7日政令第252号)第132条により設置された審議会で、学識経験者の中から厚生労働大臣が任命する委員により構成されています。 ご遺族間の調整は、記名国債を受け取った方が責任を持って行うことになります。

もっと

第十一回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金について

新型コロナウイルス感染者が県内でも確認されていることから、お急ぎでない場合は、状況が落ち着いてからのお手続きをご検討くださいますようお願いいたします。 戸籍証明書 請求窓口(問い合わせ先)• 上記1から4以外の三親等内の親族(兄弟姉妹の配偶者、甥、姪、子の配偶者等)のうち、 戦没者の死亡当時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた者 請求窓口. 【必要書類】• 代表して請求した方以外の同順位の方から申し出があれば、愛媛県が請求した方の氏名と連絡先をお知らせします。 請求できる同順位のご遺族が複数人いる場合の取り扱い• 7 国債のお渡しについて 請求書類は、市区町村援護担当課で受付をした後、神奈川県または戦没者の本籍地のある都道府県において審査されます。 成年後見人…登記事項証明書(別紙目録があるものは別紙も)• 令和2年4月1日から新たに第十一回特別弔慰金の請求受付が開始されました。 また、請求期間を過ぎると特別弔慰金の受給ができなくなりますので御注意ください。

もっと

第11回「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」のご案内/ひたちなか市公式ホームページ

窓口に来られる方の身分証明書 顔写真付きのもの(運転免許証、マイナンバーカードなど)は1点 顔写真の無いもの(健康保険証、年金手帳など)は2点• 支給対象者は、先の大戦において、公務上又は勤務に関連した傷病により障害の状態となり、基準日において障害年金等を受けている戦傷病者の妻です。 相続人の戸籍抄本• 援護年金(障害年金(障害一時金)、遺族年金、遺族給与金)及び弔慰金の審査請求案件• 支給対象者 戦没者等の死亡当時のご遺族で、令和2年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給します。 令和2 年 4 月 1 日 (基準日 現在の請求者の戸籍抄本 5. 相続人よりも民法上先順位の相続人がいないことが確認できる戸籍 (例)請求者(被相続人)の兄弟姉妹の場合、配偶者・子(及びその代襲相続人)・父母がいないがわかる戸籍 PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 支給順位• 【手続き場所】 請求者が受け取りに指定している郵便局 (注意)必要なものについては郵便局でご確認ください。 委任状は本ページの添付書類からダウンロードできます。 〇支給内容 額面25万円、5年償還の記名国債 年額5万円 第1回目償還日:令和3年 2021年 4月15日以後毎年4月15日以降、償還先郵便局等において受け取りができます。

もっと

第11回「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」のご案内/ひたちなか市公式ホームページ

戦没者の子• 4 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪など) 注 戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。 基準日において、遺族以外の者の養子になっていないこと (戦没者等の死亡日前の養子縁組を除く)• もとの陸軍の見習士官、士官候補生、もとの海軍候補生、見習尉官(準軍人)• 戦没者等の子• (注意1)上記の他に、請求者の状況によって提出が必要な戸籍などがあります。 軍人、軍属及び準軍属の方々のうち、先の大戦で戦死された方のご遺族や公務上の傷病を負われた方などに対しては、国家補償の精神に基づき、戦傷病者戦没者遺族等援護法(昭和27年法律第127号)による援護年金及び弔慰金が支給されていますが、援護審査会では、これらのうち主に次の案件に関する審議を行っています。

もっと