尾崎 放哉 俳句。 尾崎放哉の最後の一句《うしろから煙がでだした》 高橋透水

尾崎放哉はなぜエリートサラリーマンの職を捨てて漂泊の俳人になったのか?

ただ事実を述べているだけではないか。 死が肉体のそれであることがわかります。

もっと

尾崎放哉

すばらしい乳房だ蚊が居る/放哉 もうこれは頭から離れない句です。 栄と夫であり詩人の壷井繁治、またプロレタリア文学作家の黒島伝二ら、小豆島から輩出した三人の文学者達は、山頭火、放哉と同時代の人達である。 山茶花やいぬころ死んで庭淋し だよね。 柘榴が口あけたたはけた恋だ/放哉 取り合わせの句。 墓地からもどって来ても一人 意味・解釈 放哉には、「咳をしても一人」の句の他に、「墓地からもどって来ても一人」という句もあります。 尾崎放哉は種田山頭火と並んで自由律俳句史上の2大俳人とされています。

もっと

尾崎放哉

しかし、実際は、 「墓地」でも「一人」 = 南郷庵(=家)に「もどって来ても一人」 さらに「場所」をチェックすれば、「墓地」とは「死の地」です。 37歳の時、新しく出来た朝鮮火災海上保険の支配人として京城に赴任しますが、禁酒の約束を守れず翌年5~6月頃に解雇されています。

もっと

ビバ・俳句!蕪村、放哉、山頭火

大学時代に読んだ一句はこれだ。 大正一四(一九二五)年の七月から八月、関東大震災後に母と妻を失い京都で独居生活を送る井泉水のもとに身を寄せることになる。 一つの湯呑を置いてむせてゐる ジジイかよ。 墓地からもどって来ても一人 意味・解釈 放哉には、「咳をしても一人」の句の他に、「墓地からもどって来ても一人」という句もあります。 対して、「家」は「生きる地」です。 そして、何より、一人だったのです。 しかし、翌年、この朝鮮の会社をクビになります。

もっと

俳句で爆笑してみよう。「尾崎放哉」の俳句のハチャメチャさについて。

孤独である。

もっと

尾崎放哉選句集

( )付きの句の表記は『尾崎放哉全句集』に基づく。 そして施しと同時に、放哉は人生の現実も受け取ります。 「咳をしてもひとり」はあまりにも有名ですね。

もっと

俳句で爆笑してみよう。「尾崎放哉」の俳句のハチャメチャさについて。

尾崎放哉はこの自由律俳句の俳人なのだが、 とても味わい深い俳句を読む。 — 戦前~戦後のレトロ写真 oldpicture1900 尾崎放哉は、生命保険の支店次長になるエリートとしての人生を全て捨て、奔放に生きたことで有名で「今一休」とも呼ばれていました。 我身を一任する事なリ。 医者からは、絶対静養といふので、ひっくり返って天井を脱んで居る許り、腰の骨はいたし、なかなか楽しかない。

もっと

「重ね行く没落から開けた句境」尾崎放哉の名俳句と生涯

しかしながら、「墓のうらに廻る」というこの行為には、意図があります。 この寺は破産状態で末寺から排斥されていた住職の代わりに借金の弁疏係りをしていたらしいが、当然ここにも長居の出来ない放哉はわずか二ヶ月あまりで京都に帰らざるを得なくなるのである。 放哉在庵当時の南郷庵 小豆島土庄の絵図 木下医院に通じる路地 この石塀は当時のままであり、これが尽きた角を左に曲がったあたりに木下医院があった。 俳句と聞くと深い知識を持って句の解釈をするものと感じる方が大勢いらっしゃると思います。 自由律俳句の第一人者と名高くても、自由な生活をし、孤独がついてくる人生でした。 孤独な時間の長さを感じました。

もっと

尾崎放哉のプロフィール・作品集

放哉は井泉水と別れ京都を8月12日に発ち、翌13日に小豆島に来る。 孤独な時間の長さを感じました。 卒塔婆とは、その上部を塔の形にした細長い板で、梵字(ぼんじ)や経文(きょうもん)、戒名などが記されます。 この「墓のうらに廻る」の「墓」は、放哉の家の墓ではありません。

もっと