カエサル の 物 は カエサル に。 ユリウス・カエサル ―ローマ帝国の礎を築いた男―

【年表付】ユリウス・カエサル(シーザー)とはどんな人?名言や性格まで紹介

彼らは権力闘争に勝つための権力基盤を外征にも求めたため,この時期にはかえってローマの支配領域は拡大した。 属州民に議席を与え、定員を600名から900名へと増やしたことで元老院の権力を失わせたり、機能不全に陥っていた民会、護民官を単なる追認機関としたりすることで有名無実化しました。 一方、政敵には寛大な姿勢を示し、大規模な恩赦を与え、これを登用してゆく。 これは一部貴族によるローマへの反乱計画でしたが、未然に発覚して頓挫します。

もっと

カエサルのものはカエサルに返す — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

その執念、恐るべし。 (3)現在にも繋がる地名や地形 ガリア戦記は当然ながら実話ベースなので、登場する地名や地形は現在でも確認することができる。 それから一ヶ月後・・・シーザーはイタリア内では独裁官、外では王となるという妥協案を出すつもりでいた。

もっと

幸四郎 『カエサル -「ローマ人の物語」より-』製作発表記者会見|歌舞伎美人

この慣習にしたがって,兵士たちはキレネのシモンに強いてイエスの十字架[苦しみの杭]を運ばせた()」。 紀元前63年 — 37歳「カティリナ事件」 国家転覆の陰謀に加担したとして疑われる カエサルはこの年、大量の借金をして買収工作を図り、最高神祇官に就任しました。 政治家としての権威と財産を得たカエサルは、より大きな権力を目指して軍事的な天才である ポンペイウスに目をつけました。 (2)カエサルの状況 カエサルは、BC60年にポンペイウス、クラッススと共に第1回三頭政治の盟約を結び、BC59年には執政官に、BC58年にはガリア総督に任じられていた。 それを見たカトは、「その手紙こそが陰謀へ加わった証拠だから、今ここで開けて見せてみろ」と迫り、ためらうカエサルに無理やり手紙を開封させました。 紀元前58年から8年間にわたってガリア遠征を行った際の記録をまとめた『ガリア戦記』は、特に高く評価されています。

もっと

神の物は神に、カエサルの物はカエサルに

もちろん、そこには日本的な良さというものが関係します。

もっと