Question: 肝脳症患者における脳機能障害の主な原因の1つが血液中のアンモニアの蓄積であり、患者の肝臓がアルコール性肝疾患によって損傷を受ける血液中のアンモニアの蓄積は除去できない。肝性脳症において上昇するのは何ですか?

肝脳症は、重度の肝疾患によってもたらされた神経系疾患です。肝臓が正しく機能しないとき、毒素は血中に蓄積します。これらの毒素は脳に移動し、脳機能に影響を与える可能性があります。

肝脳症にどのようなトキシンが蓄積するのか?

アンモニアは脳に非常に毒性があります。アンモニアは一般的に肝脳症における役割を果たしているが、アンモニアレベルの上昇を有するいくつかの個人は症状を発症しないため、追加の要因が障害の発生において役割を果たすことを示唆している。

肝の原因となる主な物質は何ですか。脳障害?

GABA仮説GABAは、胃腸管に産生される神経阻害物質です。全脳神経終末のうち、24%~45%がガウゲル性であり得る。 20年以上にわたり、肝脳症が脳内のGABA作動性の増加の結果であると仮定された。

脳脳症の影響を受けるのは肝脳症の影響を受ける?

急性肝不全(ALF)は異なる脳領域に影響を与える違う方法。 ALFの初期段階では、前頭皮質の血液脳関門(BBB)透過性または浮腫には影響はありませんが、小脳はBBB透過性と血管形成性浮腫の増加を示しています。

Contact us

Find us at the office

Stielow- Gillow street no. 107, 71307 Oranjestad, Aruba

Give us a ring

Ronie Mohney
+10 552 314 50
Mon - Fri, 11:00-18:00

Reach out