Question: アセトアミノフェンの解凍防止抗性はどのようにしていますか?

アセトアミノフェンは、鎮痛薬(鎮痛剤)と解熱剤(発熱還元剤)と呼ばれる薬物のクラスに属します。アセトアミノフェンの作用の正確なメカニズムは知られていません。それは脳内のプロスタグランジンの製造を減らすかもしれません。プロスタグランジンは炎症と腫れを引き起こす化学物質です。

アセトアミノフェンはなぜ発熱に使用されているのですか?

アセトアミノフェンは、鎮痛薬(鎮痛剤)と解熱剤(発熱還元剤)と呼ばれる医薬品のグループに属します。頭痛や変形性関節症などの状態によって引き起こされ、感染によって引き起こされる発熱を軽減するために迅速に機能します。

アセトアミノフェンは副作用を有していますか?

アセトアミノフェンを取るのをやめて、肝臓の問題の兆候がある場合は一度にあなたの医者に電話をかけます。食欲不振、胃痛(右上)の喪失、疲れ、かゆみ、暗い尿、粘土色のスツール、黄疸(皮膚や目の黄変)。深刻な副作用が少なくなる可能性があり、あなたはまったくないかもしれません。

Contact us

Find us at the office

Stielow- Gillow street no. 107, 71307 Oranjestad, Aruba

Give us a ring

Ronie Mohney
+10 552 314 50
Mon - Fri, 11:00-18:00

Reach out