8 グラン クーペ。 M8 グラン クーペ

BMW 8シリーズグランクーペ 発売、伸びやかなスタイリングと快適な室内空間を両立…価格1152万円より

ラグジュアリーなスポーツカーであるBMW 8シリーズ クーペは、そのパワーと精確性をさらなるレベルへと引き上げ、レーシング・マシンさながらのパフォーマンスを実現します。 インテリアは、ヘッドレストに「Edition Golden Thunder」とレタリングが施され、金色の専用インテリアトリムを採用。 0」のオペレーティングシステムを採用。 広めのテラスでウェルカムワインを楽しんだ後、さっそく妻はテラスに隣接した露天風呂を楽しんでいた。 4LのV8ターボほどパンチ力はないが、とても魅力的なユニット。 優雅で大きなボディを備えたグランドツアラーでありつつ、優れた実用性も持ち合わせている。

もっと

BMW・8シリーズ

BMWの新しいLセグメント戦略 8シリーズ グランクーペは、従来の「6シリーズ グランクーペ」の後継でありながら、「8シリーズ クーペ」と同様、ヒエラルキーの上位シフトを狙った4ドアハードトップだ。 まあ、それほどの荷物を積み込む機会は、そうは無いと思うが・・・。 純粋なダイナミクス、純粋な加速、そして純粋な興奮。

もっと

BMW 8シリーズ クーペ

BMWらしいスポーティな骨格に官能的にも映るエッセンスを巧みにまぶしたデザイナーの力量は高い。 新型8シリーズの2ドアクーペに対して231mm長く、30mmワイド、61mm背が高い。 1994年 - 850iを廃止。 センタートンネルにはカーボンコア構造を採用。 子供が手を離れたわけではないのだが、海外に留学してしまったので、久しぶりの夫婦2人暮らしを楽しんでいる。 同等以上のパフォーマンススペックを持つ840dがその代替を受け持つに十分というソロバンなのだろう。

もっと

BMW 840i グランクーペ 初試乗! シリーズ唯一の後輪駆動モデルに島下泰久が太鼓判を押す理由

さらにハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載する。 目の前にコーナーが続くほど、ドライビングの歓びが増してゆく。 ブランドの最上級モデルにふさわしく、内装のほとんどが上質なレザーで覆われている。 25インチの液晶ディスプレイを置き、さらに高精細カラーHUDを設けるなど、フルデジタルの情報伝達を可能としている。 今日び、内燃機関は官能面で妥協を強いられることが少なくないが、その中にあってB58ユニットは、ドライバーの心を高ぶらせてくれる数少ないひとつだと思う。 BMW M850i グランクーペ 全幅は8シリーズクーペから30mm拡大されている。 840d xDrive 3. またアップルジャパン合同会社とは一切関係がありません。

もっと