篤志 家 読み方。 「篤志家」の意味とは?ボランティアとの違いと類語・英語も解説

「篤志家」の意味とは?ボランティアとの違いと類語・英語も解説

簡単に言えば「篤志家」は「篤志のある人」のことです。 彼は山岳地帯の農家を支える篤志家としても知られる。 フィランソロピー、フィランソロフィー(: Philanthropy)とは、基本的な意味では、への愛にもとづいて、人々の「well being」(、、等)を改善することを目的とした、的活動や的活動、等々を指す。 今日は画友のアトリエにお邪魔しました。 たとえば、マザーテレサは貧しい人を助けるために慈善活動を続け、一生をささげた尊敬すべき「篤志家」の一人でしょう。 「篤志家」を使った英語例文• 「篤志家」の言葉の使い方• この意味では「」に近い。

もっと

「篤志:とくし」(篤が入る熟語)読み

たまには奥方と・・・おっと脱線ですね。 自分は二の次で、常に他人を助けようとする志が先に出ているところが特徴でしょう。 「福祉活動」も困っている人や人の力を得て生活している人を助け、支援する活動の一つですが、「篤志家」は「金銭的・物資的、また精神的なサポートを自分の時間を犠牲にして行う」という意味を持ちます。 解釈にはいくつの解釈がありますが、 「竹」は丸くて厚い筒状のものなので、 「丸い」、 「太い」といったような意味で使われています。 世界には、マザーテレサのように福祉や奉仕活動を熱心に支援している方がはたくさんいらっしゃいます。 大杉由香は「2010年9月現在,でもフィランスロピーをタイトルにした論文等は38本であるが,フィランソロピーについては183本ある」と指摘している。

もっと

「篤志:とくし」(篤が入る熟語)読み

普通の人が興味を示さないようなものに対し関心を持ち、好んで追及したり、研究したりする人のことを指します。 まさに篤志家と呼べる人でしょう。 彼女はノーベル平和賞を受賞しましたが、その賞金も全て貧しい人たちへの奉仕にあてました。 このように、自分のお金などを使って誰かを助ける人が篤志家と呼ばれます。 人への思いやりを忘れず、損得勘定抜きで社会や弱者に貢献する、人々の尊敬を集める人物を指す言葉です。 しかし篤志家が集まり、復興に向けての多くの寄付が集まった。

もっと

「篤志家」の意味とは?意味や使い方を解説!

では、どのような意味がこの言葉にあるのかと言えば、 「篤志家」とは、 「篤志のある人」ということになります。 熱心である。

もっと

「篤志:とくし」(篤が入る熟語)読み

「篤志家」の類語• 書生は勉強して偉くなることで恩返しになり篤志家もそれで満足な訳です。 読み方は「とくしか」です。 実際は、将来の必要を予測し現在のうちに手を打っておくことは、困難な事態が起こってしまってから寄付するよりも、はるかに被害を少なくすることが出来るのであり、優れたフィランソロピーなのである。 あくまで純粋な善意に基づいて奉仕活動を行う人のことを指します。 また、重みがある様子から、「一点に熱心であること」という意味も持ち合わせています。 フィランソロピーは現在の需要と将来の需要の両方に応えるものといえる。 「好事家」の誤読の例としては「こうじか」「こうじや」が挙げられますが、このように誤った読み方をしてしまうと相手が困惑してしまうことがあります。

もっと

「好事家」の意味と読み方とは?使い方と類語・英語も一緒に解説

「篤志」とは他人や第三者に対し特別な思いやりが強く、志や奉仕の気持ちが篤いことを意味します。 太っている馬は、のそのそとゆっくり歩いたり、また体が厚かったりしますよね。

もっと