芋粥 芥川 龍之介。 芥川龍之介『芋粥』の芋粥を動画で味わう |好書好日

芋粥(芥川龍之介) : 青空文庫

従って、吾五位の如き人間の口へは、年に一度、臨時の客の折にしか、はいらない。 万一 後悔するやうな事があっては 大へんです。 お案じになる程遠くはない。 その出来ない点で 世間より僕の方が 余程高等だとうぬぼれてゐます。 五、六年前に、酒飲みの法師と関係のあった妻と別れた。 そしてこの作品は「願望」に対して鋭く描かれた作品です。 後から思ったのですが、塩ないしはおしょうゆを少し入れて、味をしめたほうがよかったなあということ。

もっと

芋粥

僕から云へば 勿論 承知して頂きたいのには違ひありません。 平凡で意気地なしで風采のあがらない、世間からは存在すら気にかけられない五位です。 まず1人目は 五位という、なよなよとした40代の男です。 同僚や子供にも煙たがられ、ばかにされても、この五位は笑ってごまかすばかりであった。 原作とはいったい何が違うのでしょうか。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。

もっと

芥川龍之介『芋粥』あらすじ|夢は叶う時より、願う時こそ幸せ?

繰返して書きますが、理由は一つしかありません。 当時芥川は26歳、夫人は18歳。 その後で五位が大きなくしゃみをしたのは、敦賀の朝の寒さを感じたからであり、裏を返せば、それまで寒さを感じられないほどに焦っていたということでしょう。 実際、自分のやりたいことが分からず、せっかく入った大学を退学してしまう人は後を絶えません。

もっと

芥川龍之介『芋粥』の作品紹介

とても食べきれる量ではありません。 「いや……忝うござる。 見た目はともかく非凡でだらしなく出来上がり、周囲から蝿ほどの注意も払われない。 震える声で「遅れるな」と言うと、そのまま奥方は眠ってしまい、郎等らが出かける時もまだ目覚めていなかった 20 すべてが別世界、明日が来て欲しくない その夜、五位はなかなか寝付かれなかった 利仁らと談笑しながらの道程、夕飯に酒、暖かな、すべてがこれまでの五位の生活にくらべて雲泥の差だ。 利仁ゆかりの地だが、思っていた以上に遠く、五位は狼狽した 14 芋粥だけが心の支え はじめから敦賀と言ってくだされば、それなりの準備をしたというのに 芋粥のことがなければ、臆病な五位は京へ逃げ帰っていただろう 利仁は自分がいるから心配ないと笑う、もはやこの人を頼るほかない 五位はうろ覚えの観音経を唱え始めた 15 突然走り出した利仁、置いて行かないで! 山々が日を遮って暗く、寒くなってきた 利仁は突然「よい使者がいた、あれに言付けを頼もう」と走り出した 五位には意味が分からなかったが、あわてて利仁を追った 利仁はキツネを追っているのだった 16 キツネに伝言を頼む 利仁はキツネを捕まえると、敦賀の館の者どもに、明日、高島の辺りまでを二頭つれて迎えに来いと言付けを託し、草むらに放り投げた 従者らは逃げゆくキツネをはやしたてた その姿は一行の立つ高台から手に取るようによく見えた 17 利仁に媚びる五位、だが読者は五位をバカにしてはいけない キツネすらも使いにつかう利仁と、自分との間にどれだけの差があるのか感じた こういう時、自然に人は相手へ媚びる感情が湧きやすいものだろう 読者は今後、五位が利仁に媚びるような態度を見せたとしても、安易に笑うべきではない 18 キツネの使者は務めをはたした 翌日、一行は高島に来た。 答へ方一つで、又、一同の嘲弄を、受けなければならない。 」五位が馴れない手に手綱をかいくりながら、云つた。

もっと

羅生門・鼻・芋粥 芥川 龍之介:文庫

五位は五六年前から 芋粥 ( いもがゆ )と云ふ物に、異常な執着を持つてゐる。

もっと

芥川龍之介が書いた飾り気のないプロポーズの手紙に恋愛を学ぶ | ガジェット通信 GetNews

彼等は、この五位の面前で、その鼻と口髭と、烏帽子と水干とを、 品隲 ( ひんしつ )して飽きる事を知らなかつた。 」 利仁も側から、新な提をすすめて、意地悪く笑ひながらこんな事を云ふ。

もっと