異 世界 黙示録 マイノグーラ 破滅 の 文明 で 始める 世界 征服。 異世界黙示録マイノグーラ ~破滅の文明で始める世界征服~

【最新刊】異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~ 2

実のところ、とうのアトゥもその様な言葉を受けるのは初めてである。 只の 虚栄心 きょえいしん であったが、あの病室で過ごした彼にとってはそれが全てであった。 重い病で動かすのも辛かった身体がやけに軽々しく動く事実に、やはりここは死後の世界ではないだろうかと拓斗は感動する。

もっと

楽天ブックス: 異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~ 1

手で軽く触ってみるとザラザラとした触感が返ってきたので、恐らく石で出来た台座か何かなのだろうと彼は判断した。 その言葉を聞くや否や、彼女は先ほどまでの蠱惑的な表情から一転、年頃の少女を思わせる華やかさをその顔に浮かべ、大きく頷いた。 ぺたぺたと身体を触り状態を確認している彼に、不意に声がかかった。 「奇跡……と言ってしまえば 陳腐 ちんぷ でしょうか? でも私は陳腐でも構わないと思います。 ここが何処かすらも分からない。 ご契約中は自動的に販売を継続します。

もっと

楽天ブックス: 異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~ 1

不治の病と言えばドラマチックではあったが、それで心に何か納得が生まれる訳でもなく、得られたのはただ長い時間を病床で過ごすという無価値な人生だけだ。 見目麗しい少女に対して二人だけの国を作ろうなどという告白じみた言葉を放つのも初めてだ。

もっと

異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~ 1

「前人未踏の難易度ナイトメアクリア! 使うは最も扱いが難しいとされる国家『マイノグーラ』。 もはや脳の隅から隅まで刻み込まれた定石。 彼は死後、不思議な世界で目覚める。 拓斗の胸は、感動の二文字であふれかえっていた。 『Eternal Nations』の世界かもしれませんし、拓斗様がいた現実世界かもしれません。

もっと

楽天ブックス: 異世界黙示録マイノグーラ ~破滅の文明で始める世界征服~ 2

我が王よ」 「僕たちの国を作ろう。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。

もっと

異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~

僅か18という年齢でこの世を去るのは不幸ではあったが、幸いなことに心の内は穏やかであった。 ふがいないところは見せたくない。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 彼女は彼が最も愛したキャラクターで、大切な存在で、何よりも憧れそのものだったから。 「王……」 その言葉に小さな違和感と巨大な混乱が彼を襲う。

もっと

異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~

彼女が自分を王と呼ぶのであれば、そうあらねばならぬ。 か……) 何も持たない、力も土地も財宝も、何もないちっぽけな一人の人間。 拓斗は彼女を知っていた。 しかし、彼らマイノグーラは「内政特化で戦争が苦手」という邪悪らしからぬ特徴を持ち、ユーザーから「もっとも使いにくい」と評されるほどの超上級者向け勢力なのであった……! 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 転生したら邪神でしたー心優しい邪神と魔女たちが紡ぐ、戦略級異世界ファンタジー開幕!. そう、人ではクリアできないとまで言われた『Eternal Nations』最高難易度、それを最も使いにくいとされる国家『マイノグーラ』でクリアしたことは彼が誇る偉業だ。 邪神として戦略SLG『Eternal Nations』に似た異世界に転生してしまった拓斗。 私は、拓斗様のことをちゃんと覚えております」 拓斗はその言葉に目頭が熱くなるのを感じる。

もっと

楽天ブックス: 異世界黙示録マイノグーラ ~破滅の文明で始める世界征服~ 2

背中には堅い感触。 なによりあれほど熱を上げたゲームのキャラクターが彼の味方にいる。 けれども、折角なんだ、もう一度やってみよう。 何を置いても行動が必要とされる。

もっと