田口 清隆。 『キラメイジャー』田口清隆監督が戦隊シリーズ初監督、意欲的な特撮映像を生み出す俊英

田口清隆とは

おまたせしました。 この作品はウルトラマンシリーズの監督等も務めている田口清隆さんが監督を務めてくださっています。

もっと

ウルトラマンオーブの田口監督!自主制作映画の内容をチェック!

私の所属する会社は心霊ホラーをたくさん出してるDVDメーカーかと思えば、少年少女の更生をテーマにしたドキュメンタリー映画を製作するプロダクション。 ある人物が拉致されたのである。 おそらく映画『12人のイカれたワークショップ』の中でのおもしろポイントのひとつになると思うのが、田口監督の俳優演出そのものです。 webドラマ『』(2010年)• 「12人のイカれたワークショップ」というトンデモなタイトルの映画に、「明日も頑張ろう」なんていうメッセージが込められているのか!?と思われるかもしれませんが、そこはドキュメンタリーパートをご覧いただければきっとお分かりになると思います。 青柳尊哉• 夏)、ホビージャパン、2015年7月1日、。 中学生の時から怪獣を題材にしたを手がけている。 押井監督: 攻殻機動隊のVRも試したんだけど、背中にPCのバックパックを背負って、銃を持って、移動しながら、索敵して倒す、という突入ゲームなんだけれど、目が覆われた人間が7、8人、うろうろしているわけだよ。

もっと

田口清隆監督・押井守監督が語る「VRと特撮、その限界と可能性」

VR特撮作品 『ウルトラマンゼロVR』『ウルトラファイトVR』(2017年)• 「こんなに面白いものを隠しておくのは勿体ない!」。 劇中と同様に貴方のハンドパワーで 倒すことができます。

もっと

田口 清隆

司会を務めるのは、『ウルトラゾーン』『ウルトラマンX』『ウルトラマンオーブ』など、田口監督作品のメイキング映像を多く担当し、自らも映像作品を製作する島崎淳 本作では監督補として田口監督をサポート。

もっと

田口清隆監督・押井守監督が語る「VRと特撮、その限界と可能性」

果敢に戦う701であったが、さすがに鉄ドンは強い。 パンフレットの特撮メイキング記事には、そういった田口監督の映画作りの原点、怪獣と特撮映画に対する深い愛情が注ぎ込まれている。 劇中と同様に貴方のハンドパワーで 倒すことができます。 『』構成・間宮尚彦 執筆・大石真司、小学館〈てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2016年3月16日。 (2006年 - 2007年)VFXアーティスト• ・中学のころから、すでに怪獣を題材に、自主制作映画を作り始めていた。 そして逆に、ウルトラマンしか見ないという方もいることでしょう。 ある夏の戰い(2002年)• 脇でイベントのようすを観ていたねりおがステージに呼ばれ、ファンに向かってあいさつを行うひと幕もあった。

もっと

田口清隆監督『女兵器701』トークイベント、和泉美沙希のセクシーコスに大注目!

ここが"特撮"の面白いところ。 その後、5年連続でウルトラマンシリーズのシリーズ監督を務めさせていただきました。 もう1つは、特撮をやっている人間が見せたいアングルを強制するということですよね。 俳優の組み合わせによってまったく違ったお芝居が生まれます。

もっと