検疫 法 停留。 検疫法とは

検疫とは

概要 [編集 ] 検疫(けんえき)とは、特定の国や施設に出入りする、輸出入されるや及びや等、その他、生物を原材料とする物品や生物が含まれる可能性のある・等を一定期間隔離した状況に置いて、の病原体などに汚染されているか否かを確認、検査することである。

もっと

新型コロナウイルスが「検疫感染症」に指定! これからなにが変わる?

4 第一項の場合において、検疫所長は、第二条第二号に掲げる感染症の病原体に感染したおそれのある者で停留されないものに対し、第二項に規定する旅券の提示を求め、若しくは当該者の国内における居所、連絡先及び氏名並びに旅行の日程その他の厚生労働省令で定める事項について報告を求め、又は検疫官をしてこれらを求めさせることができる。

もっと

・検疫法(◆昭和26年06月06日法律第201号)

)又は第一種感染症指定医療機関(同法に規定する第一種感染症指定医療機関をいう。 (停留) 第十六条(1項の準用はなし。 の経過措置に関する規定に定めるものを除き、改正後のそれぞれの法律の相当規定によりされた処分等の行為又は申請等の行為とみなす。 5 第一項又は第二項の委託を受けた病院又は診療所の管理者は、第十四条第一項第二号の規定により停留されている者について、当該停留に係る感染症の病原体を保有していないことを確認したときは、検疫所長にその旨を通知しなければならない。 )に着陸させ、若しくは着水させた場合において、その急迫した危難が去つたときは、直ちに、当該船舶を検疫区域若しくは検疫所長の指示する場所に入れ、若しくは港外に退去させ、又は当該航空機をその場所から離陸させ、若しくは離水させなければならない。 そして、 2020年1月29日時点で「日本国内にいる日本人が、武漢の人から感染したのは2人だけ」だと言うことです。

もっと

新型コロナウイルス感染症に準用されている検疫法の条文

日本における人や食品の検疫はが、動植物の検疫はが担当しており、全国の主要な空港・海港に設置された()又は動物検疫所、植物防疫所(共に)にて行なわれている。 、第四十条中自然公園法附則第九項及び第十項の改正規定 同法附則第十項に係る部分に限る。 ) 2 検疫所長は、前項の措置をとつた場合において、第二条第一号又は第二号に掲げる感染症の患者について、当該感染症の病原体を保有していないことが確認されたときは、直ちに、当該隔離されている者の隔離を解かなければならない。

もっと

新型コロナウイルス感染症に準用されている検疫法の条文

8 第二十条の規定は、検疫所長が第六項の規定により検疫を打ち切つた場合に準用する。

もっと