オーディオ インターフェイス と は。 オーディオインターフェイスとは?使い方や活用シーンを解説!

【保存版】歌い手が選ぶオーディオインターフェイスはこれしかない!

オーディオインターフェイスとは? ギターやベース、ボーカルなどマイクやラインケーブルを介して録音するための機材のことをオーディオインターフェイスといいます。 出力数 ライブなどでDTMソフト側で複数の出力を行い、ミキサー等でそれぞれをコントロールするといった場合では、やはり2つでは足りないので多チャンネル出力のモデルが必要になるでしょう。

もっと

オーディオインターフェイス とは? 必要なの?【配信のための解説】

アンプシミュレーターソフトの「amplitube」を始めとした、約6万円相当のソフトウェアが付属しているため、ギターやベースを録音したい人にはおすすめの1台です。 給電方式はUSBバスパワー・USB電源アダプター・モバイルバッテリーに対応しているため便利です。 0であるからです。 オーディオインターフェイス内臓のミキサーなので、操作面においてとても優れています。 フロントに2つのコンボジャックがあり、左右ともにHi-Z対応にすることが可能です。 EFFECTボタンでいきなり デカいリバーブをかける事が出来るので、いたずらみたいな事もできます。

もっと

オーディオインターフェイスのおすすめ14選。配信やDTMで活躍するモデル

各パーツの詳細については説明すると大変長くなってしまうので割愛します。 フロントパネル 出典: リアパネル 出典: 購入ページ 0• 学生の頃、5万円台のものを音が良いと複数楽器店店員からすすめられ、この価格帯なら音質も大丈夫だろうと思い買って使っていました。 そしてスゴイのがこの価格帯で DSPチップがついているということ。 例えばダイナミックレンジが129dBで、数値上では優秀でも、「ローエンドが・・・」とか、「ハイのニュアンスが・・・」といった、周波数特性や、空間の表現等、個人的な好みが出てきてしまう為、あまり重きを置くべきではないのかなと思っています。 入力端子はコンボジャックなので、フォノ端子の接続にも対応。 0のオーディオインターフェイスを使うことも可能です。

もっと

【2020年版】オーディオインターフェイスのおすすめ16選 初心者モデルからプロモデルまで紹介!

こちらも 2in対応なので、歌と楽器の同時録音や、ステレオ配信に対応しています。 DTMソフト+(ソフト)シンセなど• 0 がないWindowsパソコンは少なくありません。

もっと