プジョー 208 試乗。 プジョー208 GTライン/208アリュール/e

プジョー208 GTライン/208アリュール/e

後で分かったのですが、欧州仕様はマフラーが片側2本出し仕様。 このうちエンジン音については新型になって正直静かになったとの印象。 たとえばVWやホンダはEV専用プラットフォームを開発した。 個人的にはフランス車はできるだけ細く扁平率の高いタイヤの方が乗り心地がよいという考えを持っているが、近年のGroupe PSAのクルマたちはそれが当てはまらなくなりつつある。 プジョーのコンパクトモデル『208』が洗練されたスタイルをまとい、競争力のある商品力を手にしてデビューを飾った。

もっと

【プジョー 2008 新型試乗】ハンドリングのシャープな味付けは「208」と共通…島崎七生人

ヘッドライトとリアコンビネーションランプにはプジョーのアイデンティティであるライオンの爪を意識した3本のラインが入っており、これが少しスポーティーさを感じさせ好感が持てた。 3気筒エンジンのネガはほとんど感じさせませんが、数少ないポイントかもしれません。 走りを打ち出すピュアEV 市街地を抜けて直線道路が続く道に出たのでドライブセレクトをスポーツに変更。 その最大の特徴は、電動化への柔軟な対応。 先代はベースの『208』のルーフと車高を上げ、コンパクトでチャーミングなキャラだったが、新型はグッと大人びたといったところか。

もっと

試乗でわかる「欧州王者の実力」プジョー 208

元気の良いエンジン 前述しましたが、3気筒1. 日本導入モデルでは、シトロエンのコンパクトカー「C3」もこれ。 スポーティーでありながらも、かわいらしさもある雰囲気です。 ライオンの牙をモチーフにした、LEDデイタイムランニングライトになっている。 長さの異なるクロームラインを散りばめ、スポーティかつ上質な雰囲気を演出しています。 良心的な価格設定。 また、工事が終わった後の消された白線に反応して突然ステアリングに補正が入ることもあったので、この2つを使えば使うほど疲れが増えてしまう。

もっと

プジョー208GTi(FF/6MT)/208XY(FF/6MT)【試乗記】 骨太なホットハッチ

同じくらいのボディサイズでBセグメントの「トヨタ ヤリス」の最上級グレードでは、230万円の価格設定(1. 1kgm)を積んだGTi(6MT)の導入で、208のモデル構成はひとまず完成ということになる。 特に海沿いや山間などで横風の強いシーンであってもそれほど進路を乱されないのは高く評価できる。 これは、高速だとパワステの手ごたえが重くなるのもあるけれど、なによりボディとサスペンションのしっかり感に支えられていると思う。 ライオンさんが奥にめり込んでるのも個人的には凄い好きな部分です。

もっと

試乗でわかる「欧州王者の実力」プジョー 208

同時にラインアップされたEV仕様『e-2008』の走り、実用性も興味深い。 通常版の1. 国産ならが採用されるクラスです。 購入意欲もさらに湧いてきますよ!笑 208の動的質感について熱く語る 素人目線ではありますが、乗ってきて感じたことを、 自信を持って!素直に!正直に!お伝えしていきます! 全体的なバランスの統制は素晴らしく、とにかく楽しい車でしたが、以下3点が少し気になるポイントでした。 レーンポジショニングアシストは、左右の車線の任意の左右位置(無段階)をドライバーが選び、その白線から一定の距離を保ったまま走行が可能で、一般的には左右両車線の中央をキープするが、ドライバーの好みや工事などでガードレールが迫っている場合など乗る人の感覚に寄り添った制御ロジックを持っており、これはGroupe PSAだけのもの。 また、ドライバーに逆らうことがない。 操舵力も適度にあり、切り戻しの手応えも程よくあるので、タイヤを持って曲がっているかのような錯覚をする。 「i-Cockpit」は独特のレイアウトだが、すぐに慣れる。

もっと

新型プジョー208のコンパクトEVに試乗。 これはホットです!

左右前後方向にかかるGを表示。 2012年の末から、わが国でも販売が開始されたプジョー最新のコンパクトモデル、208。 さて、新型208の2回目の試乗で気付いたこともチラホラ。 GT Lineのグリル造形は非常に細かい。 そのノブもきっちりとデザインされ、「流用」や「汎用」が考えにくいデザインされたスイッチになっていることにも感銘を受ける。 プジョーのラージモデル程の大きさではありませんが、ひんやりした金属質のタッチ感はBのクラスでも健在! 一般的な同クラスの質素なスイッチ類と比べると満足度が非常に高いポイントです。

もっと

新型プジョー208 試乗レポ「走りが愉しいフレンチコンパクトは高コスパ」

カッコ良過ぎるよプジョー!」 一瞬で一目惚れしてしまいましたw 男心をくすぐる直線基調のエクステリアデザイン。 3コート塗装と呼ばれる塗装を重ねた光沢感がエモーショナルな仕上がりです! プジョーのボディーカラーはどれも魅力的ですが、今回のヴァーティゴ・ブルーの実車は更に魅力増しな仕上がりです! 剥き出す牙 3本の剥き出す牙デザインが個性的なフロントヘッドライト。 () センターディスプレイは7インチ。

もっと

プジョー

3008から採用されたデザインアイコンを更に機密性を高めブラッシュアップされた印象でした。 コーナーでの挙動がどれほど変わるのか確認しておきたい。 大きめのコーナーでは、想定よりもやや重心が外に流れる印象はありましたが、 タイヤが地面を掴んで離さない感覚をしっかり伝えてきてくれるので、安心感があります。 フロントエンブレムと同じくエメラルドブルーのメッキカラーで塗装されています。

もっと