コン トレイル ダービー。 【日本ダービー】コントレイルが圧勝、父ディープ以来15年ぶり無敗で2冠 福永は2年ぶりV― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

【日本ダービー】コントレイル誕生秘話(1) 矢作師が明かす“ホースマン前田幸治”の素顔 /「出会いからして強烈でした」

ただ、思えば昨年も同じ4戦4勝、GI連勝中のサートゥルナーリアが単勝1倍台の圧倒的支持を集めたが、結果は4着。 ブラッドスポーツといわれる競馬は、サラブレッドの血の系譜でもある。 一方生まれ故郷のノースヒルズがある北海道新冠町では、達成後に近くの生産者や装蹄師、農協組合職員らに加えて、鳴海修司などが集まり、福永と同じように三本指を立てて記念写真に納まった。 皐月賞では展開にも恵まれ、馬場の良いところを走った3着馬ガロアクリークに3馬身半差もつけていますから、両馬は、多少パフォーマンスを下げたとしても、上位には来る確率は高いのかもしれません。 難しいレースが予想されましたが、福永騎手とはどんなイメージを共有されていたんですか? 矢作 当然、もっと前に行くイメージでしたね。

もっと

【日本ダービー】コントレイル常識外の成長力!矢作師に娘・麗が直撃!本音語る/競馬・レース/デイリースポーツ online

向正面でマイラプソディが一気に先頭に立ち、最後のコーナーを回り直線に入ると、コントレイルが持ったまま先頭をうかがい、ムチを入れると一気に突き抜けて3馬身差で圧勝した。 皐月賞以来という組は【0-0-0-4】。 僕は基本的に双眼鏡を使わないので、ヴィジョンを見ているだけではわからなくて。 優駿エッセイ賞2016にて『築地と競馬と』でグランプリ受賞。 2019年10月と11月の東京競馬場は、2歳戦が行われている全ての芝コース(1400メートル、1600メートル、1800メートル、2000メートル)でレコードタイムが更新された。 1倍の1番人気で出走。

もっと

【日本ダービー】コントレイルの不安材料とは?狙いは皐月賞で力を出せなかった馬!|【SPAIA】スパイア

秋にはぜひ、皆さんの前で強いコントレイルを見せたい」と、日本競馬史上8頭目となる牡馬3冠を狙うことを表明した。 シンボリルドルフ産駒のトウカイテイオーも、コントレイルと同じく無敗の2冠馬に輝きながら3冠馬にはなれなかった。 出走メンバーにはの勝ち馬ワーケア、の勝ち馬、の勝ち馬、勝ち馬らが名を連ねたが、ここでも単勝2. エイシンフラッシュ 2010 、キズナ 2013 、ロジャーバローズ 2019 が優勝し、ウインバリアシオン 2011 、サトノラーゼン 2015 が2着。 道中勝ち馬を見ながら、良いところでレースをしましたが、3コーナーで勝ち馬に入りたいポジションを取られてしまいました。 勝ったコントレイルは父ディープインパクト、母ロードクロサイトの血統。

もっと

【日本ダービー】コントレイル誕生秘話(1) 矢作師が明かす“ホースマン前田幸治”の素顔 /「出会いからして強烈でした」

今週末のダービーで、二冠に挑むコントレイル。 また、ダービーで乗り替わった馬より継続騎乗の方が圧倒的に成績がいい。 レース当日を楽しみにしたい。 より技術的にも進歩して、出来る限り早く日本に戻りたいと思っています。 以前までの楽なレースとは違い、見えないダメージも懸念される。 7倍の1番人気に推される。

もっと

【日本ダービー】コントレイル誕生秘話(2) 矢作師が明かす“ホースマン前田幸治”の素顔 /「コントレイルの母との出会い」

「偉い馬だな。 あのレコード決着には驚いたことを覚えています。 また、同馬は皐月賞で一気に指数を上昇させてきた辺り、マイルよりも芝2400mでこそでしょう。 前半1000メートルが61. 競走成績 [ ] 以下の内容は、の情報 に基づく。

もっと

コントレイル (競走馬)

生い立ち [ ] 、ロードクロサイトは青鹿毛の牡馬、後のコントレイルを出産した。 さらに皐月賞で負けている関東馬に限ると、逆転で日本ダービーを制したのは2009年のロジユニヴァースまで遡らないと該当馬が出現しないほど。 騎乗のチャンスをいただけるなら、コントレイルに乗りたいです。 3冠を逃したものの、紛れもない名馬である。 今週末のダービーで、二冠に挑むコントレイル。 接戦で勝ち負けを演じた組が神戸新聞杯で結果を出している。 だからこそ、もっともっと成長すると思います」 -舞台は東京2400メートル。

もっと

「JRA日本ダービー特集」コントレイルが負けるパターンはコレ。絶対押さえておきたいポイント!?

伸びがあり、素晴らしい牡馬」、2018年3月5日の評価は「目だっていい馬。 競馬の祭典「第87回日本ダービー」(G1、芝2400メートル)は31日、東京競馬場で行われ、福永騎乗のコントレイル(牡3=矢作)が優勝、2017年に生産されたサラブレッド7262頭(持ち込み馬、外国産馬含む)の頂点に立った。 勝ちタイムは2分24秒1。

もっと

【ジャパンC】矢作芳人調教師がライバルを語った…それでも「コントレイルは負けちゃいけない」 (2020年11月25日)

しかし、前走で行きっぷりが悪かった馬が、今回で一変することは滅多になく、中団辺りにつけられれば上々でしょう。 春のクラシックでいずれも2着だったサリオスは、毎日王冠優勝からマイル路線を目標としたためにここを回避。 皐月賞を何度も見直したが、コントレイルのレース運びはほぼ完璧だった。 史上8頭目となる牡馬クラシック三冠を無敗で達成した。 また、福永はゴール後に馬場から引き上げる際、コントレイルの歩みを止めて、スタンドに向かって一礼した。 で、1倍台の1番人気になる経験は初めてでしたし、プレッシャーは相当なものでした。 2秒差まで迫られました。

もっと