造詣 が 深い 意味。 「造詣」の読み方と意味、使い方、例文を紹介!「造詣が深い」とは?

「造詣」の読み方と意味、使い方、例文を紹介!「造詣が深い」とは?

「彼」というフレーズから人物であることが分かります。 業界でトップクラスの知識や経験を評価する場合には「彼は浮力に関して造詣が深く、世界でも彼の右に出る者はいないでしょう。 「無学」という言葉を聞くと「学が無い」というイメージから、低学歴を思い浮かべる人は少なくありません。 「造形」は「形を作り上げること」「ある概念によって生み出された形」という意味です。 褒める場合は「彼は仕事だけの男ではない。

もっと

「造詣が深い」の意味と使い方・読み方・例文・類語・反対語

ここで 「特定の分野」についてですが、勘違いしやすいのは、特定の分野であれば何の分野でもいとわないのかということです。 より精通している、熟知しているといった意味を強める働きのある「深い」を使用しているからといって、その言葉の反対語である「浅い」を使えば反対語になるということではないため、反対語には違う言葉を選びましょう。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 「ぞうし」と読むのは誤り それぞれの間違いについて詳しく見ていきましょう。 広く深く十分な知識を持っていることを「造詣」と言います。

もっと

「造詣(ぞうけい)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

さて、そんな読み間違いをする馬鹿はめったにいませんが、 「造詣が深い」が「ぞうしがふかい」と読む馬鹿はいるのでしょうか? ちなみに私はつい最近まで、そう読んでた馬鹿です。 たとえば「屈折率は波長に依存する」や「電気抵抗の温度依存性」の「依存」は「いぞん」と読みます。 「ある特定の分野に非常に長けている人のこと」を意味しています。 海外旅行でも、共通の趣味を持っている友人が一緒なら、普段の何倍も充実した旅を楽しむことができるでしょう。 「造詣が深い」はビジネスシーンなどでも使いやすいですが、日常生活で使用することは少ない言葉です。

もっと

「造詣(ぞうけい)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

「特定の分野」の意味を紐解くと、学問や芸術、技術などのアカデミックなものにのみ使う傾向が見られます。

もっと

「造詣が深い」の意味・反対語・例文集とその正しい使い方

「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 「造詣を深める」「造詣を深めたい」といった使い方もあります。 「詣」という字には「至る」の意味があり「行く」「進む」「到着する」の他に「学問などが深い境地まで進む」といった意味を持ちます。

もっと

「造詣が深い」の意味や読み方は?類語や使い方7選!褒める/ある/浅い

あの人は骨董品の知識が豊富な人だ、という文章は、 「あの人は骨董品に造詣が深い」と表現されます。 「造詣が深い」「造詣の深さ」という表現を2つ使いたかったので例文はそのような文章にしましたが、本来は同じような言葉は極力重ねない方が締まりある文章になります。 造詣が深いという言葉はそれぞれの漢字の読み方を知るのではなく、熟語としての読み方を覚えておくべきなのです。 これはスポーツ力学の知識や経験を最大限に評価した言い回しとなります。 その他にも「造」という言葉には、「ある場所に辿り着く、至る」といった意味があります。 しかし、先ほどもお話ししたとおり、誤読は社会人にとって非常に恥ずかしい間違えの1つでもあります。

もっと

「造詣が深い」の意味や読み方は?類語や使い方7選!褒める/ある/浅い

それも「かかわる」でなく「かかる」です。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。

もっと

「造詣が深い」を「ぞうしがふかい」と読む馬鹿はいますか?

そつなくこなす人の特徴なども合わせて紹介しています。 ちなみに、以下は常用漢字の訓読みですけど、読めますか? ・懇ろ ・酸い ・諮る ・翻る ・上せる ・詔 <余談> 私は若い頃、知り合いのアメリカ人留学生に50州のスペル書き取り対決を挑んだことがありますが、私が勝ってしまいました。 しかし、「造詣が深い」という言葉自体に相手を尊敬するというニュアンスが含まれているため、「いらっしゃる」を頻繁に付け加えて使うことは避けるべきでしょう。 「造詣の深い」「造詣がある」など、少し違った言い回しで使われることもあります。 「あまり感心できない事件ですね」と言っているのです。

もっと

「造詣」の意味とは?「造詣が深い」?使い方から類語、英語表現まで

勉強になります」とうように使われることが多いです。 造詣が深いの英語表現の1番目は、「彼女は日本文化について造詣が深い」という意味を表す「She has a profound knowledge of the Japanese culture. A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 「造詣が深い」の「詣」の部分には「主旨」や「趣旨」に使われる「旨」という漢字が含まれています。 また、自分自身も何かに「造詣が深い」ような人物になりたいものです。 だから、実は「PUロマイド」が正しかったのです。

もっと