土佐 日記 帰京 現代 語 訳。 「土佐日記:帰京(京に入りたちてうれし)」の現代語訳(口語訳)

土佐日記 現代語訳つき朗読

」とぞ人々言ふ。 かかるうちに、なほ悲しきに堪へずして…とありますが、この家で生まれた女の子が一緒に帰らないのが悲しいとはどういうことなのでしょうか?女の子は妻で、死んでしまったのでしょうか?それともかなわぬ恋だったということですか?また船人に子供が群がっていていっそう悲しいのは自分の子供が死んだからですか?それとも、もとから子供がいないことが悲しいのでしょうか?そこらへんがよくわかりません><主人公の家庭事情?状況?を教えてください! む=推量の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。

もっと

土佐日記「帰京」の「見し人の松の千年に見ましかば遠く悲しき別れせまし...

見ゆれ =ヤ行下二段動詞「見ゆ」の已然形、見える、分かる、思われる。

もっと

土佐日記の帰京の現代語訳について、高1女子です、今度授業で発表...

いと は つらく 見ゆれ ど、 志は せ むと す。 細かい技法の解説が中心となっており、『古今和歌集』から時系列で特徴に迫ります。 」と、人々は言う。 ぞ=強調の係助詞、結び(文末)は連体形となる。 夕暮れ時。 かかるうちに、なほ悲しきに堪へずして、ひそかに心知れる人と言へりける歌、 こうした中で、やはり悲しさに堪えられないで、ひそかに気持ちの通い合う人と詠みかわした歌、 生 むまれしも帰らぬものをわが宿に小松のあるを見るが悲しさ (この家で)生まれた子も帰らないのに、わが家に(以前はなかった)小松が生えているのを見るのは悲しいことだよ。

もっと

「土佐日記:帰京(京に入りたちてうれし)」の現代語訳(口語訳)

係助詞「や」を受けて連体形となっている。 家に着いて、門に入ると、 月 明かけれ ば、いとよくありさま 見ゆ。 。 彼の女性を模した表現方法は、確かに「ますらをぶり」といわれる男性的な力強さとは程遠く見えます。 船人(ふなびと) =名詞 も =係助詞 みな =副詞 子 =名詞 たかり =ラ行四段動詞「たかる」の連用形、寄り集まる。

もっと